So-net無料ブログ作成

高山植物の宝庫天狗原山・金山 [登山]

同じ頸城山塊にある妙高山や火打山に比べ知名度は低いですが、知る人ぞ知る高山植物の宝庫と言われる天狗原山・金山に登ってきました。

登山道にはキヌガサソウやサンカヨウなどが咲き誇っていましたが、金山山頂付近には残雪たっぷりあって雪の下の花々が雪解けを待っていました。

お馴染みの天狗原山のお地蔵さんもようやく雪の中から顔を出して、私の自慢の山友を迎えてくれました。
IMG_8270.JPG

初めて天狗原山に登ったのは2002年でしたが、「この山深い信越国境の山には2度と来ることはないだろう」と思いながら下山したものです。

ところがその後、隣の金山も含め今までに4度も登っています。なぜそれほど名も知れない天狗原・金山に魅かれるのかと考えると、やはり高山植物の宝庫と謳われる登山道を埋め尽くす花々にあるというものです。

今日は「是非一度天狗原・金山に登ってみたい」という私の自慢の山友達の案内です。
実はこの時期はまだ高山植物の開花には早いのではという危惧がありました。

道の駅・白馬5時半集合でしたが30分ほど遅れて6時に集合し、林道妙高小谷線の金山登山口は7時過ぎの出発になりました。先行者の車が3台ほどあり、出発間際には新潟県からバスが乗り付け10人ほどの団体があとに続きました。

腰に蚊取り線香、虫よけネットを被り防虫対策はバッチリです。
おまけに泥濘対策でゴム長靴もザックに括り付けています。
IMG_8260.JPG



1時間ほど樹林帯を歩いて水場に到着し一息入れました。

更に急坂を凌ぎながら泥濘の沢などを歩きます。
まず最初に現れたのはミズバショウです。
IMG_8261.JPG


水場から1時間ほどでキヌガサソウの群生地に着きました。
気品のあるキヌガサソウが咲き誇っていて歓声が上がります。
IMG_8283.JPG



サンカヨウも負けじと花開いています。
IMG_8264.JPG


日影には清楚なシラネアオイです。
IMG_8286.JPG



キヌガサソウの群生地からはガレ場をよじ登ります。
ガレ場を登り終わると雨が落ちてきて、雨合羽を着ました。
目の前にはタカネグンナイフウロが咲いていました。
IMG_8266.JPG


ガレ場を登り樹林帯の急坂を登りきるとムラサキヤシオ(ミツバツツジ)の赤色が鮮やかです。
IMG_8267.JPG


この辺りはゴゼンタチバナが登山道を埋め尽くしていました。
IMG_8281.JPG


ゴゼンタチバナと共に登山道をにぎわすマイズルソウです。
IMG_8282.JPG


イワカガミも
IMG_8268.JPG


キンポウゲも群生しています。
IMG_8279.JPG


これはヨツバシオガマです。
IMG_8280.JPG


疲れた体を癒してくれる花々を見ながら、登山口から3時間30分10時40分、お地蔵さんが雪の中から顔出して迎えてくれる天狗原山に到着です。高齢者の割には随分早い到着となりました。
IMG_8269.JPG



天狗原山山頂で一息入れました。
IMG_8271.JPG


疲れを覚えたYさんを残して、Aさん・Fさんと3人で金山目指します。
まだこの時間は天狗原山から金山付近までよく見えました。
IMG_8272.JPG


天狗原山を下ると直ぐに雪渓が現れます。
軽アイゼンを付け慎重に下ります。
IMG_8273.JPG


雪渓を下るとハクサンコザクラです。まだ花開いたばかりです。
IMG_8275.JPG


IMG_8276.JPG


シラネアオイも小さな花びらです。
IMG_8277.JPG


雪が溶ければ辺りを黄色に染めるシナノキンバイも・・・。
IMG_8278.JPG


そして再び現れた雪渓が山頂まで続いていました。


慎重に夏道を探しながら山頂付近まで雪渓を歩きましたが、山頂直下で雪渓は雪の峰となっていました。そしてガスが沸いてきて周囲の展望が利かなくなり、ホワイトアウト状態です。

後続の新潟からの団体さんも一緒に夏道を探しますが、山頂に続く登山道は現れません。私は無理すれば山頂に出られることを知っていましたが、同行者が「天狗原山でYさんも待っているから、ここで結構」という事で山頂50mほど手前で登頂をあきらめました。


霧の中雪渓を慎重に戻って天狗原山に帰ってきました。少々寒さを覚えるので天狗原山を少し下って樹林帯で風を除けながら昼食休憩を取りました。


滑りやすい急坂を慎重に下り、登る時に撮り忘れた高山植物をカメラに収めながらの下山です。
キヌガサソウの群生地・水場と登る時と同じポイントで休憩を取りました。


水場を下るころになると雨が降ってきました。本格的に降り始めるころには登山口に下りつきました。登山道脇にはギンリョウソウもたくさんありました。
IMG_8287.JPG


遠来の山友の皆さんもたくさんの花々に癒されて満足の様子です。
また来年、もう少し雪解けが進んだ時期に再訪しようと誓いました。

梅雨が明けて雪解けが進み金山山頂付近のお花畑が見頃になったら、もう一回でかけて見ようかと思っています。実はもう一人約束破りをしてしまった山友がいます。

「コースタイム」
林道妙高小谷線金山登山口7:10~水場8:00~キヌガサソウ群生地8:50/9:00~天狗原山0:40/10:50~金山山頂直下11:40~天狗原山12:15~水場14:50~登山口15:35


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 6

ヒロちゃん

nagaiさん こんにちわ
天狗原、懐かしいです。
15年前に雨飾とセットで登った時にはお地蔵様も標柱も有りませんでした。9月の初旬だったので、花は綿毛のチングルマになっていました。梅雨が明けて次回登る時には是非誘って下さい
金山は未踏峰なので行ってみたいです。
(写真はゴゼンタチバナとマイズルソウですね)
by ヒロちゃん (2014-07-15 10:42) 

kamoshika-nagai

ヒロちゃん
お久しぶりですね。お元気ですか。
天狗原・金山は同じ山塊の火打ち山・妙高山の陰に隠れてあまり登られてはいないが静かでよい山ですね。
私はもう今回で5回目になりました。
次回は今月末に友人を案内しようと思っています。
雪解けが進んで金山の神の田圃などのお花畑が花に埋もれていると思います。
友人も暇人で平日登山になりますがヒロちゃんも都合よかったらご一緒しましょう。
予定が決まったら連絡します。

by kamoshika-nagai (2014-07-15 14:03) 

ヒロちゃん

有難う御座います。
26日~27日は恒例の中条ふれあい市民登山で火打山に登ります
30日か31日の平日ですが空いていますので、日程が合えばお願い致します。小生も月の内半分は暇人になりました。
by ヒロちゃん (2014-07-16 10:01) 

kamoshika-nagai

>ヒロちゃんも
暇人になりましたか。ぜひ我らが仲間にお願いします。
これからは少し骨っぽいところもやりましょう。
天狗原・金山は30日か31日で調整しましょう。
楽しみです。
by kamoshika-nagai (2014-07-16 13:44) 

rommy

nagaiさん、こんばんは。
天狗原・金山のレポを拝見して、ここが高山植物の宝庫だったことを思い出しました。
今月末に再訪の予定なんですね。
8月になってしまったら見頃は過ぎてしまうでしょうか?
平日休みだったら私も!とお願いしたいところですが(TT)

天気の良い週末を狙って出かけてみようと思います。

by rommy (2014-07-16 20:44) 

kamoshika-nagai

>rommyさん
嬉しいコメントありがとうございます。
今回は少し早すぎましたが、今年は例年以上の残雪ですから8月に入っても十分見頃だと思います。

rommyさんを単独で金山に行かせるわけにはいきませんね(笑)
私以外にもrommyさんとご一緒にしたい方沢山いますので、声かけて是非ご一緒しましょう。予定が決まったら連絡ください。
私にとっては今年3回目の天狗原山・金山になります。
今年の立つ限定でtenguhara-nagaiを名乗りますよ(笑)
by kamoshika-nagai (2014-07-17 10:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0