So-net無料ブログ作成
検索選択

本社ヶ丸~三ッ峠 [登山]

年末恒例の「富士山観にミニトレッキング」、今年は本社ヶ丸~三ツ峠までのミニ縦走がメインです。

三ッ峠からの富士山
IMG_20161205_110040.jpg

三ッ峠の眺望

前日は大菩薩連嶺の源次郎岳に登り、御坂トンネルを抜けて三ッ峠登山口に車をつけると日が暮れました。

公衆トイレ脇に車を停めてロング缶のビールと日本酒5合を飲みました。日本酒は2日分として900mlの紙パックを買ってきましたが、あっという間に全部飲んでしまいました。

翌朝二日酔い気味ながら5時には起きて5時半過ぎにヘッディン点けて清八林道に入りました。

真っ暗な中30分ほど歩くと薄明るくなり、headlampを消しても歩けるようになり、登山口から40分ほど歩くと清八林道終点に着き、清八山・三ッ峠の縦走路の大幡八丁峠に入りました。

IMG_1000.JPG
縦走路を清八山に向かいます。少々急登もありましたが大番八丁峠から20分ほどで登り着きました。
IMG_1001.JPG
後方に夜が明けたばかりの富士山が見えますが、山頂付近には雲がかかっていました。
IMG_20161205_064202.jpg
清八山から少し下ると清八峠で、笹子駅方面からの登山道を合わせます。
「本社ヶ丸40分」の道標が立っていました。
本社ヶ丸へは岩稜の尾根を行き3カ所くらいの小ピークを超えて行きます。
朝日が昇って富士山が輝き始めました。清八山から40分ほどで7:20に本社ヶ丸に着きました。
IMG_1002.JPG
ここからの富士山三ッ峠の電波塔が邪魔になりますね。
IMG_20161205_072652.jpg
朝食を摂りながら本社ヶ丸には30分ほど滞頂、そして来た道を清八山に戻りました。
清八山からの富士山はなかなか見応えがあります。
IMG_20161205_084506.jpg
南アルプスも全貌が見渡せましたが、少々遠いですね。
IMG_20161205_084611.jpg
登ってきた本社ヶ丸を振り返ります。
IMG_1003.JPG
大番八丁峠に下り小さなアップダウンを繰り返しながら御巣鷹山を目指します。
縦走路の途中から見る本社ヶ丸です。
IMG_1004.JPG
200mほどの標高差を登りきって、電波塔の林立する御巣鷹山に着きました。
清八山からは1時間45分かかりました。電波塔を写す気はなく三角点をカメラに収めました。
御巣鷹山から観る富士山も雄大です。
IMG_1006.JPG
御巣鷹山からは泥濘の道を歩いて30分弱で三ッ峠山頂に着きました。
まさに眼前の富士山に圧倒されます。
IMG_20161205_105846.jpg
学生グループが山頂標識の前で休んでいるので長居はできませんでした。
軽食を摂って四季楽園に下り、三ッ峠山荘からの富士山もカメラに収めました。
IMG_20161205_112349.jpg
三ッ峠山荘から見る三ッ峠は岩稜の山でした。
IMG_20161205_112557.jpg
四季楽園に戻り電波塔の保守用か山荘の管理道路を兼ねた急坂の車道を一気に下って、四季楽園からは1時間で登山口に下りました。
山梨百名山本社ヶ丸は7時間かけて三ッ峠の周回コースを歩き、10数年前に登った三ッ峠では霧で富士山観ることのできなかったリベンジを果たすことができて大満足ではありました。
「行動時間」
三ッ峠登山口5:40~大番八丁峠6:20~清八山6:40~本社ヶ丸7:25/7:55~清八山8:45~御巣鷹山10:30~三ッ峠10:55/11:05~四季楽園・三ッ峠山荘11:25~三ッ峠登山口12:25

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: