So-net無料ブログ作成
検索選択

源次郎岳 [登山]

富士山観にミニトレッキング」の始まりは大菩薩連嶺の外れにある源次郎岳です。

「ぶどう郷・勝沼」の後方にある山です。

IMG_20161204_140208.jpg

山梨百名山98山目は源次郎岳です。

山梨入りした日に登りました。

甲斐大和から大菩薩嶺に登山口日川峠に延びる道路を嵯峨塩温泉越えて5キロほど走ると、下日川峠方面に分岐する林道があり、林道入り口に「源次郎岳」の道標が立っていました。

林道を4キロほど走ると下日川林道起点になり、左側に分岐する林道支線があり、源次郎岳登山口です。

さらに進んで下日川峠まで走って途中稜線に合わさる縦走路をみつけました。

稜線縦走路を源次郎岳まで歩いてみようと思ったからです。

縦走路を30分ほど歩いてみましたが、源次郎岳には届かず、電波塔の立つ小ピークまで30分ほど歩いて引き返しました。「往復1時間、えらいアルバイトをしたな~」と頭をかきながら源次郎岳登山口の林道起点に戻りました。

登山道は車進入規制された林道支線を10分ほど歩き稜線縦走路に合わさっていました。里山風情の漂うカラマツ林の縦走路を15分歩づ歩くと小ピークに着き、源次郎岳かと思いました。

IMG_0999.JPG

しかし山頂標識もなく源次郎岳ではないようです。登山道はここからは下っていました。急坂を20分も下って山火事にでもあったのかと思われる開かれた場所に源次郎岳がありました。反対側からの登山道もあってどうも裏口登山道を登って(下って)来たようです。前方に勝沼ぶどう郷がよく見えますが、山頂をカメラに収めてきた道を登りかえします。

IMG_0996.JPG
後方のピークに戻り霞んだ富士山をカメラに収めました。
早朝済んだ空気の中では素晴らしい富士山だと思いました。
IMG_0998.JPG
縦走路を歩いて登山口に戻りました。
「行動時間」
登山日 12月4日
下日川林道起点登山口13:15~後方ピーク13:40~源次郎岳14:00~登山口14:55

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: