So-net無料ブログ作成
検索選択

志賀高原ゲレンデクルージング [スキー]

今季の滑り納めに志賀高原に出かけた。

毎年ムスコとの滑り納めは志賀高原と決めているが、今年は例年にない良いゲレンデコンデションで、高天原から一ノ瀬・焼額山・北志賀までのゲレンデをクルージングして滑りまくった。

最後は初めての寺子屋ゲレンデも滑ることができた。

DSC_0132.jpg

滑り納めは今年も志賀高原と決めていました。いつもシニア・障碍者割引一日券2000円の格安料金で滑れる菅平や戸隠で滑っていますが、この時期コンデションが良い志賀高原に足が向きます。

志賀高原まで行くのだから一日じっくりと滑ろうと自宅を7時前に出て、高天原には9時前に着きました。

駐車場はすでに満車状態でしたが何とか駐車出来て一安心です。

小雪の舞う中ですが、トップシーズン並みの雪質でゲレンデコンデションはGoodです。

高天原を2本ほど滑った後は一ノ瀬ファミリーゲレンデにトラバース気味に進みます。

一ノ瀬ゲレンデも各1本ほど滑りました。

一ノ瀬から焼額山へ向かいます。

焼額山からはジャイアントスラロームを滑りましたが、そろそろ疲労が出て私は休憩です。

ムスコは最大斜度39度のオリンピックコースを果敢に攻めていました。

DSC_0131.jpg

焼額山を滑った後は奥志賀ゲレンデに向かいましたが、北向き斜面で風強くゴンドラリフトは「午前中で運転休止」のアナウンスがありました。

林道コースをゆっくりと下り、レストラン「PHOENIX」で昼食を摂ろうと思いましたが、席待ち時間30分では待ち切れません。PHOENIXは今日来訪している皇太子ご一家にも食事を提供しているレストランだそうです。
リフト乗り場に近い別の軽食コーナーで定番のカレーライスを食べましたがとても美味しかったです。

昼食の後ゆっくりしている間にムスコはエキスパートゲレンデを2本ほど滑っていました。

私もエキスパートゲレンデを1本滑りましたが、急斜面で途中何回か足を止めなければならないほどでした。

DSC_0133.jpg

その後は焼額山に戻り2本ほど滑った後は、一ノ瀬から寺子屋ゲレンデに回ってみました。

志賀高原でも横手山に次ぐ標高の高さにある寺子屋ゲレンデはパフパフのパウダーゲレンデでした。初めての寺子屋ゲレンデでしたがオフピステのゲレンデでバックカントリースキーの練習にはとても良いゲレンデです。もう少し早く来ればよかったなーと悔やむばかりでした。

リフト終了時間のアナウンスが聞こえると気もそぞろ、寺子屋から連絡リフトに乗って一ノ瀬ゲレンデトップから高天原に戻りました。

ムスコは高天原リフト終了の16:30まで滑りまくり今季の滑り納めとしました。

「また来年も滑り納めは志賀高原に来れると良いな」と話しながら志賀高原を後にして、今季の「親子二人連れスキー」は終了です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0