So-net無料ブログ作成

「信州ふるさと120山」・坊主岳 [登山]

「信州ふるさと120山」完登を目指す、川越在住のYさんを案内して中南信の山巡りです。

先ずは塩尻市旧楢川村にある坊主岳です。

♪御嶽・乗鞍・駒ヶ岳・・・♪ 県歌「信濃の国」に歌われる山々の絶好の展望台です。


bouzudake17-4.jpg
スーパーあずさ1号で関東から来られたYさんと塩尻駅で合流し、R19を木曾路に走りました。

奈良井宿から奈良井ダムへの道に入り奈良井ダム脇の登山口には10時半の到着です。

遅い時間の出発になりましたが、登り2時間もあれば十分ですから慌てることはありません。

軽荷のザックを担いでマツタケ山の登山道に入りました。

山ノ神の祠を過ぎると急登が続いています。1時間ほど凌いで三角点のある小坊主岳に着きました。

小坊主で一息入れて傾斜の緩んだ登山道を行きます。

再び傾斜の増した登山道を登りきると天井が抜けたような坊主岳山頂に飛び出しました。

登山口からは2時間ジャストで登り着きました。

私より年上のYさん会心の歩きです。


 
bouzudake17-1.jpg

山頂からは絶好の展望が開けていました。
御嶽山です。御嶽山遥拝場になっていて祠もあります。
bouzudake17-5.jpg
少し遠いですが乗鞍岳も見えています。
bouzudake17-6.jpg
眼前の木曽駒ケ岳です。
bouzudake17-3.jpg
bouzudake17-2.jpg
絶好の展望が開けていますが、北アルプスや南アルプスはカスミが掛かっていて大展望は得られないのが残念です。私は2回目の坊主岳ですが、まさにここは信州でも指折りの好展望台の山だと思っています。
展望を楽しみながら1時間ほどの山頂ステイの後は往路を走るように下りました。
「行動時間」
奈良井ダム脇登山口10:40~小坊主三角点11:30/11:35~坊主岳山頂12:40/13:45~登山口15:10
登山口からは木曾路を走って大桑村須原の「民宿いとせ」に入りました。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント