So-net無料ブログ作成

障子ヶ岳~天狗角力取山 [登山]

梅雨明けを狙っての南会津・山形山行、朝日連峰前衛の障子ヶ岳の登山口西川町の大井沢に来ました。

大井沢から障子ヶ岳~天狗角力取山~大井沢の反時計回りで周回してきました。

梅雨明け直前ですが10時前にはガスが上がってきて朝日連峰主稜線はすっきりとしません。IMG_20160725_092529.jpg

天狗角力取山の天狗の角力取場です。
P7251397.JPG

続きを読む


栂峰 [登山]

東北百名山の栂峰は飯豊山地の東方山形県と福島県県境の大峠付近にある山です。

この付近には一等三角点の飯森山があり、10年程前に喜多方の日中ダムから登っています。

栂峰は飯森山と尾根続きにありますが尾根上に登山道はありません。県境の大峠トンネルを抜けて飯豊町の小屋集落奥に延びる林道から栂峰に登りました。
IMG_20160724_105049.jpg

続きを読む


三岩岳 [登山]

東北百名山の一山、三岩岳は会津駒ヶ岳と同じ山塊にありますが、残雪期には尾根を歩いている記録もありますが、稜線に夏道はありません。
会津駒ヶ岳を下りてR352を5キロほど下った、南会津町の小豆温泉から国体コースを往復しました。

とてもきれいな三岩岳避難小屋。
P7231356.JPG

続きを読む


会津駒ヶ岳 [登山]

日本百名山・会津駒ヶ岳は1999年、残雪期の開山祭の日に登っていますが、花の名山としても知られ、「いつかは花の時期に登ろう」と思っていた憧れの山ではあります。今回尾瀬周辺の黒岩山や三岩岳など、未踏の標高2000m超峰登山を計画した際には、会津駒ヶ岳再登山も是非にと加えたものです。

残雪期の登山とは場所も思い出もかけ離れた滝沢コースを「駒の小屋」に登り、駒ケ岳から中門岳までの高層湿原の広がる稜線を歩いてきました。池塘が点在する山頂湿原は私の想像をはるかに超える素晴らしい別天地ではありました。

駒の小屋付近から眺める駒ケ岳と中門岳。
IMG_20160722_091540.jpg

中門岳山頂。
IMG_20160722_102538.jpg

続きを読む


台倉高山(2067m) [登山]

新しい登山の目標に国土地理院の日本山岳標高1003山を加え、今年から精力的に登り始めました。

さらに密かな目標として2000m超峰の踏破を目論んでいます。全山登頂は無理ですが出来るだけたくさんの山頂を踏みたいものです。

桧枝岐村と栃木県境の帝釈山登山口の馬坂峠から台倉高山(2067m)に登ってきました。
台倉高山栃木百山の一座でもあります。

IMG_0471.JPG

続きを読む


黒岩山と尾瀬沼 [登山]

沼山峠から尾瀬の大江湿原に入り、奥鬼怒への縦走路を栃木百山でも最も難関と云われる黒岩山まで歩いて赤安清水に戻り幕営、翌日は尾瀬沼周辺の散策を楽しみました。

日本山岳標高1003山・黒岩山山頂。
IMG_20160720_112852.jpg

尾瀬沼後方は雲の中の燧ケ岳。

IMG_20160721_081816.jpg

続きを読む


会津駒ヶ岳・中門岳


会津駒ヶ岳から中門岳までは素晴らしい湿原が続いていました。点在する池塘もまた素晴らしいです。
会津駒ヶ岳17年前の初登頂は残雪季でしたので花の時期に来て良かったな~。

健康チェック終了 [流れゆく日々]

6月に提出した大腸検査(検便)結果が届きました。

このところ不調な便通が続いていて少々不安を感じていましたが、検査結果は「今回の検診では所見はみとめられません」と云うお知らせが届きホッとしています。

これで6月に行った胃の内視鏡検査、市の健康診査すべてをクリアーできました。

腰痛や膝痛などは年相応にありますが、山歩きなど外に出ている時は痛みを感じません。

週2日の休肝日と適度な運動を心がけて体調管理に努め、いつまでも登山・スキーなどのアウトドアライフを楽しみたいものと思っています。

義母の入院から死亡にいたる一連の動きは辛さ悲しみの連続で大きなストレスとなりました。
葬儀を済ませ、死亡に伴う各種手続きもすべて終了しました。一段落ついて一息入れているところです。


温泉ヶ岳(ユセンガタケ)・根名草山 [登山]

栃木山行最終日は金精峠に戻ってきました。4日前に登った奥白根山~錫ヶ岳方面の反対側、金精峠から北に延びる2000m超の稜線を温泉ヶ岳~根名草山までの往復縦走です。

根名草山付近で奥白根山をバックに。
IMG_20160708_101005.jpg

続きを読む


沼原湿原から那須岳周回 [登山]

那須高原沼ッ原湿原にに来ました。

電源開発沼原調整池から白笹山~南月山~那須岳・茶臼岳~三斗小屋温泉~沼ッ原湿原の周回登山です。

沼ッ原湿原から見る(左)南月山と(右)白笹山です。
茶臼岳は南月山の後方でここからは見えません。
IMG_0419.JPG

10数年ぶりに登った茶臼岳山頂です。
IMG_0409.JPG

続きを読む