So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

筑北トレイル縦走 [登山]

上田市の山友水沼さん&増田さんと筑北村の空峠~大沢山~四阿屋山までの筑北トレイルの縦走を楽しんできました。標高1300m級は芽吹きのシーズン、ワラビやタラの芽などの山菜も期待して出かけましたが、山菜採りは空振りに終わりました。
四阿屋山山頂です。

IMG_5920.JPG

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

岐阜県白川町の尾城山 [登山]

「北陸おさらい山行」帰りがけの駄賃というには失礼ですが、「日本山岳標高1003山」岐阜県に残した一山白川町の尾城山です。白川町の行き止まりの佐見集落から短時間で山頂踏みました。

DSC_1520.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

若狭の雲谷山・頭巾山・飯盛山 [登山]

「北陸おさらい山行」、富山の3山・石川の2山を登って福井県に来ました。目標は若狭の山、美浜町の雲谷山・おおい町の頭巾山・小浜市の飯盛山です。

雷雨を突いて登った美浜町の雲谷山です。

DSC_1494.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

口三方岳 [登山]

「北陸おさらい山行」第三日目は石川県白山市の口三方岳です。
前日、能都町の鉢伏山から「のと里山海道」・R8を走って白山市の白山セイモアアスキー場に来ました。到着が正午近かったので往復5時間の口三方岳登山は諦めて、手取川峡谷などの周辺観光を楽しみました。夕方には登山口にある千丈温泉の日帰り入浴施設で入浴後、洗浄温泉の駐車場で車中泊しました。


【口三方岳】

翌朝4時には起きて4:40には千丈温泉の駐車場を出発しました。
登山道に咲くイワウチワです。

DSC_1475.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

八乙女山・二上山・鉢伏山 [登山]

「北陸おさらい山行」初日は、立山連峰の国見岳から降りた後、立山駅から砺波市庄川に走りました。目標は「標高1003山」の八乙女山です。

【八乙女山】

庄川の道の駅に着いた後、登山口を確認しようと閑乗寺公園に出かけました。なんと閑乗寺公園からは山頂付近まで延びる山岳道路が整備されていました。
9合目まで延びり道路から10分で八乙女山山頂をを踏みました。DSC_1459.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

立山連峰国見岳 [登山]

「カモシカ永井」の登山人生ももうそれほど長くはありません。
先を見て全国に残した山を登ろうと計画しています。4月の北海道雪山山行に続いて今年2回目の遠征山行は北陸方面の山です。第一日目は立山連峰の国見岳を目指しました。
国見岳山頂直下でスライドした女性ボーダーに撮ってもらいました。

DSC_1430.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

三才山峠周辺周回 [登山]

美ヶ原から武石峠に下った三才山トンネル上部の三才山峠付近の烏帽子岩~三才山~六人坊~戸谷峰を歩いてきました。天気最高で北アルプスの全容・乗鞍岳・御嶽などの大展望を楽しみながらの縦走路でした。
烏帽子岩に立つ同行のま~こさんです。
DSC_1460.jpg


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

令和の山始めは霧ケ峰 [登山]

5月2日、令和の初登山は霧ケ峰高原に出かけました。昨年膝を痛めて手術リハビリに励んでいたrommyさん、今年山スキーで負傷したま~こさんの復帰を祝っての快気登山でもあります。村重さんと4人車山から八島湿原までまだ芽吹き前の霧ケ峰高原をゆっくりと散策してきました。

DSC_1442.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

私の平成 [私も一言]

私にとって、昭和を45年間生きて平成が始まりました。平成の30年間を振り返ってみると、やはりいろいろなことがありました。
建設会社に勤務時代、地元長野のゴルフ場造成工事中に昭和天皇が崩御し平成に変わりました。平成2年、湾岸戦争が始まった時に埼玉県の川越市の事業所に転勤となり、単身赴任が始まり、金帰・月来の生活が約12年続きました。平成12年には40年近く勤めた建設会社を退職し関連会社に転籍しました。同じ川越市にあった関連会社に2年余勤め、平成14年自己都合で退職し、12年の長きに亘った単身赴任生活にも終止符をうちました。
その後2か月ほど無職でしたが、長く勤めた建設会社の知り合いの紹介で、長野市のエムウェーブの施設管理の会社に勤めることになり、平成18年まで4年間勤めました。スピードスケートファンであった私には、選手の練習などを見ながらの勤務は新鮮で感動したものです。しかしここも63歳定年で退職しました。6年間に3回も会社を辞めざるを得なくなって、もう会社勤務をやめ年金生活に入ろうと決断し、半年間自由人を謳歌していました。
しかし働きたい思いも強く、体調にも問題ないので地域のシルバーセンターに登録し、64歳から68歳まで4年間デイサービスの送迎業務をしました。介護職員の献身的な活動に感動を覚えたものです。送迎業務を辞めたのは東日本大震災のあった平成23年3月でした。

以降は完全リタイアで年金生活に入り、趣味の登山で全国行脚の年月を過ごしています。
昭和の45年間は社会人になった18歳からの27年間は主に山岳土木や都市土木の現場監督として、働き詰めの日々を過ごしました。平成の30年間は昭和の時代とは違って、色々な仕事をして、また色々な人とのお付き合いがあって、変化に富んだ時代であったように思えます。特に仕事を離れて登山・マラソン・スキーなどの趣味を通じて知り合いになった方々から多大な影響を受けて、充実した日々を過ごせました。

「我が人生に悔いは無し」と云うほどの充実感はなく、悔いの残ることもありますが、「まあそれなりに楽しい平成の30年間であった」と思っています。
今76歳、令和の時代どのくらい生きられるか分かりませんが、家族の小さな幸せを祈りつつ、元気にそして静かに過ごしていきたいと思っています。


nice!(1)  コメント(0) 

上田市の富士嶽山 [登山]

天気が良さそうなので近間の里山巡りです。上田市奈良尾の富士嶽山に登ってきました。独鈷山の東隣にある目立たない山ですが、急登のロープ場を凌ぎ東峰山頂に着きました。眼下にはため池が点在する塩田平が開けていました。上田盆地を囲む山々や浅間山などがよく見えて、北信の山、北アルプスも見えます。春霞で少しかすんでいるのが残念でした。

DSC_1425.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -