So-net無料ブログ作成

今年の乗鞍岳 [登山]

このところ2年ほどはスキーの板納めに乗鞍岳を滑っていましたが、今年は少々事情があって、板は山の中に置き忘れてきています。

今の私の一番気の置けない山仲間と云えば、軽井沢のSugiさんグループです。

Sugiさんグループ、今季の山スキーの滑り納めにはまだ早いらしいですが、Sugiさんのテレマークスキーのお仲間が揃った Snow Mountain Downhill Club (SMDC)とTeam246のバックカントリーレディ&野郎の恒例乗鞍岳合同大滑降と凸凹遊びにお付き合いしてきました。

私はSugiさんグループのマドンナ中村愛さんと二人ツボ足登山です。

ガスで展望がない乗鞍岳山頂で「信州軽井沢組」記念写真です。
IMG_20140610_110714.jpg


長期の九州山行脚から戻ると、Sugiさんから乗鞍岳山遊びのお誘いのメールが届いていました。Sugiさんは私が今季山スキーが出来ない事情を一番に知る人です。「山スキーが出来ないなら、愛ちゃんとツボ足登山は如何ですか」と云うお誘いです。そして後日愛ちゃんからもお誘いがあって、今日は嬉しい愛ちゃんとの初コラボ登山です。


早朝5時前には自宅を出て乗鞍高原に来ました。天気予報では午後は崩れそうだという事ですが、朝の乗鞍岳スッキリとは言えませんが姿を見せています。
IMG_20140610_064435.jpg



鈴蘭のバスターミナルに着くと、初対面の愛ちゃんですが手を振って歓迎してくれます。
IMG_20140610_064901.jpg



今日の安全登山を誓い合いました。
本当はハグしたかったですが、祥さんが目を光らせていたので諦めました。
IMG_20140610_070309.jpg


7:30発の始発バスで肩の小屋入口まで乗ります。往復2,500円です。
IMG_8162.JPG


肩の小屋入口のバス停に着き、「信州軽井沢組」の結団式です。
Sugiさん・津高さん・清水さん・加藤さん・愛ちゃんと私です。
IMG_20140610_082447.jpg


私は鈴蘭のバスターミナルに来るまでは、今日はSMDCとチーム246のBCレディ&野郎の合同乗鞍岳大滑降・雪山遊びと走りませんでした。


Sugiさんを通じて知り合いが大勢参加していました。
横浜のショウチャンとも一年ぶりの再会です。本当はハグしたかったですが・・・
横浜マリノスの熱狂的ファンです。来季は松本山雅と雌雄を決する時もありますね。

IMG_20140610_083129.jpg



ショウチャンのご主人チョッキーさんとnabeさんです。
チョッキーさん相変わらずダンディでシティーボーイぶりを発揮しています。
nabeさんとは今季3度目の同行です。
私がスキー板でない理由を話すと驚いていました。また気遣いもしてくれて嬉しいですね。
IMG_20140610_082743.jpg


乗鞍岳登頂をしないで雪渓で凸凹滑降を楽しむ10人ほどを残して山頂に向かいます。

シール登高やツボ足登山の山スキー組のあとに続いて、愛ちゃんと後方をゆっくりと登りました。
IMG_8168.JPG


蚕玉岳の稜線に着くと先着の皆さん待ってくれていました。
IMG_20140610_101707.jpg


乗鞍岳山頂はすぐですが、ガスってきました。
IMG_8172.JPG


山頂を目指す好漢Sugiさんです。
今年は大変迷惑をかけてしまいました。Safety fastのスキーをモットーにしている、Sugiさんのスキー人生に汚点を残してしまったことを反省しています。
IMG_8174.JPG


3年連続、残雪の乗鞍岳山頂に着きました。
IMG_20140610_110039.jpg


登頂組で記念撮影です。
IMG_20140610_105725.jpg


時々霧が晴れて周囲が見えますが、ほとんど展望はありません。
IMG_8176.JPG


ホワイトアウトになるのを嫌って山スキー組は、一足先に乗鞍岳雪渓を滑降してゆきました。


愛ちゃんと私は山頂の小屋で山談義を楽しみながら、昼食休憩です。
晴れたら大日岳にも登ろうと思いましたが、風も出始めては山頂を下りることにしました。


山頂をわずかに下ると残雪上にツガイのライチョウが姿を現しました。
しかしうまくカメラには収まりませんでした。
IMG_8180.JPG


大雪渓を下る前にしっかりとアイゼンを装着です。
IMG_8181.JPG


登りのトレースを拾いながら余裕の下山です。
IMG_8182.JPG


45分で肩の小屋入り口まで下ると、BC野郎は凸凹コースで楽しんでいました。
IMG_8193.JPG


私はBC野郎の滑降を見ながら腰を下ろして、まったりと2時間半ほどの時間を過ごしました。
津高さんが今季の上達ぶりを実感しご満悦なところが嬉しかったです。

BCスキー組は位ヶ原山荘まで滑降をして先に下りました。

15時を回るころになると雲行き怪しくなり雷雲が乗鞍岳にかかり始めました。
IMG_20140610_143804.jpg


15時半のバスに乗って肩の小屋入り口を後にしました。

位ヶ原山荘でスキー組を乗せて、鈴蘭には16時半の下山です。
雨も本降りになる中、同行の皆さんとの再開を約して乗鞍高原を後にしました。

元気であれば、まだまだ若い人に交じって雪山登山が楽しめるというものですね。

愛ちゃんやSugiさんグループとの次回が楽しみです。
4
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 4

Sugi

お疲れ様でした。
毎年、各々のエリアで活躍してる方々がこの時だけはここに集まり、お互いの笑顔を見て来年の再会を誓い、各々のフィールドに帰っていくのって、なんかいいですよね。
今は長野県民なんで、この様な場所が我が県にあるってうれしい限りです。
by Sugi (2014-06-12 09:28) 

kamoshika-nagai

Sugiさんコメントありがとうございます。
SMDCの中にはそれほど私と歳の開きの無い方も見られましたね。
体調管理に努め、スキー技術向上励めばまだまだ皆さんと同行登山&大滑降と春の乗鞍岳が楽しめそうです。

来季また復活しますので楽しみです。

by kamoshika-nagai (2014-06-12 12:47) 

Sugi

多分やまそうさんですね。
永井さんに紹介しようと思っていたのですが、タイミングが合わず残念でした。
実は一昨日のメンバーの中では一番古くから山スキーをご一緒している方なんですよ。
もう12年ぐらいは毎年滑っていますね。
by Sugi (2014-06-12 17:45) 

kamoshika-nagai

Sugiさん
再コメありがとうございます。
来年ご一緒する機会があったらご紹介ください。
皆さんまったりと凸凹滑走を眺めていましたね。
by kamoshika-nagai (2014-06-13 15:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0