So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オコウ山 [登山]

藪漕ぎ訓練登山の第二弾は上田市傍陽にあるオコウ山です。
カタカナ書きの山名の由来は分かりませんが、旧地蔵峠への道から分岐する林道を詰め笹藪を突破して雑木林の山頂に立ちました。

DSC_1105.jpg

5月は4月の北海道山行が空振り続きでそのショックが尾を引いてたうえ、胃健診や健康チェックなどでほとんど登山を楽しむことができませんでした。梅雨入り間近になりましたが、6月は先月分も取り戻そうと登山計画目白押しです。
6月第一弾は山友水沼さんとの半年ぶりの登山です。前日までは保福寺峠から十勧山までの滝山連山縦走を予定していましたが、同行予定のM女史の都合が悪くなり、急きょ上田市傍陽にあるユニークな山名のオコウ山に行き先変更です。

上田駅7時半の集合で、私の車で登山口の傍陽の松居新田にに向かいました。
県道わきに釣り堀施設のある松井新田から旧地蔵峠に延びる細い地道に入り1キロほどで一ノ沢林道が入り口で通行止めになっていました。一ノ沢林道起点から右側に分岐する林道も通行止めです。

林道分岐に車を停めて、8時前にオコウ山方面に延びる右側の林道に入りました。林道はよく整備されていて車の走行も十分可能です。途中舗装区間が現れました。急坂で大雨時の洗掘防止のためでしょう。今日は急ぐこともない反日登山です。舗装路面に腰を下ろしてゆっくり休憩しました。

休憩も含めて1時間半ほど林道を歩いてオコウ山へのとりつき地点に来ました。

DSC_1109.jpg
地形図を確認しやおら藪に突入です。
DSC_1108.jpg
腰丈の笹藪を15分ほど凌ぐと雑木林に代わり緩く山頂に続いていました。
DSC_1103.jpg
駐車場所の林道入り口からは2時間半、笹藪に突入して小一時間でオコウ山山頂に着きました。
DSC_1104.jpg
三角点もなく雑木林の展望もない山頂ですが、臓器に手作りの「オコウ山」の山名標識が掲げられてありました。3日前に見た近くの「高遠山」と同じ作者のものです。
DSC_1105.jpg
山頂の記念写真です。
DSC_1106.jpg
DSC_1107.jpg
樹林の中で30分ほど昼食休憩し、下山も笹藪かき分けて林道に戻りました。林道をゆっくりと下り正午には駐車場所に戻りました。
オコウ山を下りた後は地蔵峠を松代に下り、皆神神社に寄りました。
DSC_1110.jpg
皆神山から象山地下壕を見学し、象山神社に参拝した後は戸倉の白鳥園で汗を流しました。
夏の陽気の中心地よい汗を流し、水沼さんと懇親を深めました。滝山連山縦走はM女史の都合に合わせ近日中に予定しています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント