So-net無料ブログ作成

スノーシューで大林山 [登山]

20年も前に買ったスノーシューが劣化で使い物にならなくなったので、アマゾンで安物のスノー周を買いました。これからの冬場はこれで雪原・樹林帯を楽しもうと思っています。

今日は試し歩きで近場の大林山に登ってきました。

DSC_1027.jpg

上山田温泉から筑北村に抜ける坂上トンネルの筑北村出口からの登山です。

ツボ足でも問題ない積雪の林道を2キロほど歩き、沢筋の夏道を「ポンポンの平」まで1時間ほどかけて歩きました。

DSC_1028.jpg
ポンポン平でも積雪は30センチくらいしかなく、ツボ足でも歩けそうです。
夏道沿いにトレースがあり、岩井堂山への分岐までトレースを追いました。
DSC_1033.jpg
ここまで来れば山頂までは僅かで、樹林帯を直登して山頂目指しましたが、気温上昇で雪が柔らかくスノーシューでも図簿図簿と潜ります。
DSC_1032.jpg
30分ほど悪雪と格闘しましたが次の約束もあったのであえなく撤退です。
直登する尾根は急登でした。
DSC_1031.jpg
岩井堂分岐に下って往路をゆっくりと戻りました。
樹林越しには北アルプスや戸隠連峰などがよく見えました。
DSC_1030.jpg
往復3時間ほどの試し歩きでしたが、結構足が疲れました。
次回は戸隠か美ヶ原当たりの雪原を歩いてみたいものと思っています。その先にはスノーシュー登山の野望があるのです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント