So-net無料ブログ作成

胃カメラ検査 [流れゆく日々]

一年に一度の胃カメラ検査を受けてきました。
もう10数年も同じクリニックで行っていますから、受けるほうも慣れたものです。安定剤を注射してカメラを飲み込みますから痛みも感じません。いつもの年ですと注射後すぐに麻酔が効いて、意識がなくなっている間に検査が終わり、気が付けばベットの上という状態でしたが、今年は注射後も意識があり、カメラが喉を通過する時も意識がありました。それでも痛みを覚えることはな、医師が話していることもうろ覚えに感じていました。検査が終わりベッドに移動する際には完全に覚醒していました。ベッドで小1時間の休養の後、医師から診断結果の説明がありました。
「昨年と変わらぬ状態で慢性胃炎ではあるが問題はない」という診立てでした。
実は1週間ほど前に漂白剤の薄め液をごっくんと飲み込んでしまい胃の調子も悪かったので、今年はひっかかるかなと心配していたのですが、慢性胃炎の診断が出ても一応胸をなでおろしました。3年ほど続けてい飲んでいる胃酸を抑える薬は今後も飲用を続けるように言われました。

胃カメラ検査のために1週間禁酒もしましたが今夜からまた美味しいビールとお酒が飲めそうです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント