So-net無料ブログ作成

上越市の不動山 [登山]

上越市最高峰の不動山に登ってきました。

一年に一度、不動山に登ろうという名立区体育協会の「2019不動山登山」の企画に申し込み、抽選に当たって参加してきました。不動山好天であれば妙高・火打・焼山の頚城三山の絶好の展望が楽しめるのですが、残念ながら霧雨の舞う中の山頂でした。その代わりと言うか、10年程前に知り合った新潟の登山愛好家の女性と再会するというサプライズもありました。
DSC_1771.jpg



新潟百名山完登を目指すY女史が5回目の申し込みでようやく抽選に当たりました。私も申し込みして当選しました。昨年は林道路肩崩壊で不動山登山は行われなかったので、今年も実施されないだろうと思った方が多いのかもしれません。
Yさんを北陸新幹線上越妙高駅に近いホテルに迎えに行き、早朝の海岸線を走って、名立の道の駅「うみてらす名立」の先から名立の谷に入り、12キロほど走って集合場所の「名立生涯学習センター」に着きました。以前は小学校でしたがが、今は統合されて地区の学習センターとして活用されている施設です。

P7150321.JPG
天気予報は曇ですが周辺の山々には霧がまとわりついていて怪しい天気です。それでも抽選に当たった参加者50人近くが各地から参加していました。車のナンバーを見れば地元車に混じって、大宮・富山ナンバーなども見えます。マイナーであまり知られていない不動山に登ろうという登山者ですから、きっと山の猛者・猛女ばかりかもしれません。
6時から受け付け開始され参加費5000円を支払いました。開会式が始まるので集合すると突然「永井さんですよね」と女性から声がかかりました。10年程前新潟県に嫁入りしたJOちゃんの仮装結婚式に同席したJUN子さんです。私は覚えがなかったのですが、JUN子さん私をしっかりと覚えてくれていました。これから先、YさんJUN子さんと行動を共にしました。
P7150324.JPG
名立区の会長さんの歓迎のあいさつの後、2台のマイクロバスに乗って林道を行きます。途中にはゲートもあって普段は一般車は通行禁止になっています。
細い林道を30分ほどかけて林道分岐に着きました。ここから登山開始です。
JUN子さんとは話がはずみます。
DSC_1764.jpg
以前は車も入れた林道支線ですが、今は荒れがひどく車は入れません。舗装された林道を緩く下って行きます。5分もしないうちにアクシデント発生です。泥濘歩きが多いからと防水性のよい古い登山靴を履いてきたのですが、靴底が剥がれてしまいました。スタッフがひもで縛ってくれて事なきを得ました。5年ほど履いていない登山靴で冷や汗をかきました。
林道を緩く下って行きます。
P7150334.JPG
1カ所沢を徒渉するところもありました。
P7150333.JPG
そして砂防堰堤の下から本格的登山道に入ります。ここで事前に自己申告した脚力別によるクラス分けしての行動です。私たちは3クラスのうちの2番目のB班に入りました。
P7150325.JPG
登山道は刈り払いされたばかりですが、泥濘が随所にあり荒れていました。そして最初から急登が続いていました。私はついて行くのがやっとという感じのペースですぐに汗びっしょりになりました。
傾斜が緩んだ場所で最初の休憩です。
DSC_1782.jpg
周囲は霧で幻想的なブナ林です。

P7150331.JPG
休憩の後、しばらくトラバース道を行きますが危険個所にはロープも張られ安心して歩く事が出来ましたが、泥濘には閉口しました。
やがて登山道は尾根を直登するようになります。急坂にはロープも張られていますが、一気に体力・脚力消耗です。
下山時の撮影で勾配がきついのが分からないのは残念です。
P7150330.JPG
山頂に近付くに従いさらに傾斜が増して、登山道は滑りやすくロープ頼りに登って行きます。引率のリーダー適宜休憩を取ってくれますが、私にはきつい速度です。
B班の中間を歩いていた私はついて行けず最後方に下がって後ろを追いました。まさにヘロヘロ体力消耗と脱水症状気味でダウン寸前でしたが、何とかしのぎ切って山頂に登り着きました。
DSC_1771.jpg
「新潟百名山完登」のYさん、涼しい顔で山頂で待っていました。
DSC_1772.jpg
DSC_1770.jpg
JUN子さんともツーショットです。
DSC_1767.jpg
肩で息をしながら給水し、脱力感からの回復を待ちました。グループ登山はほとんどしていないので、ペース配分が他人に合わせなければならなかったのがバテた原因だと思います。それにしてもやはり不動山を登ろうという登山者ですから健脚揃いであったと思います。
昼食休憩を1時間も取ってくれたので完全回復できました。B班の集合写真を撮った後下山開始です。
三角点もカメラに収めました。
P7150327.JPG
不動山名残のショットです。
DSC_1773.jpg
DSC_1777.jpg
晴ていれば妙高・火打・焼山の頚城三山など頚城山塊の好展望台といわれる不動山ですが、展望が無いのが残念ではありました。
急坂を下る下山はロープにつかまりながらも何回か尻もちをついて下って行きました。おまけに途中からは雨も本降りになり雨合羽を付けますが汗で着衣はびしょぬれ状態です。それでもスタッフの好アシストもあって無事に下山できました。
P7150332.JPG
砂防堰堤下に下って林道支線を登り返し、バスに乗り学習センターに戻ってきました。
私は恥ずかしげもなく車の陰でタオルを腰に巻きながら濡れた着衣を全部着替えてさっぱりとしました。登山アンケートに記入し学習センターを後にしました。
YさんJUN子さんと参加証に頂いた入浴券を使って道の駅「ウミテラス名立」の入浴です。汗を汚れを落とした後レストランで軽食を取った後長岡に帰るJUN子さんとお別れし、北陸新幹線上越妙高駅にYさんを送ってお別れしました。私にとっても新潟百名山98山目です。霧で山の全容を見る事が出来なかった不動山、「名立のマッターホルン」と呼ばれる鋭峰を近くから眺めに行きたいと思っています。


「行動時間」
学習センター=バス=林道分岐スタート地点7:00~砂防堰堤下7:35~中間点8:20~不動山10:00/11:05~中間点12:20~堰堤下13:00~林道分岐13:25=バス=学習センター

レポは続く

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント