So-net無料ブログ作成
私も一言 ブログトップ

私の平成 [私も一言]

私にとって、昭和を45年間生きて平成が始まりました。平成の30年間を振り返ってみると、やはりいろいろなことがありました。
建設会社に勤務時代、地元長野のゴルフ場造成工事中に昭和天皇が崩御し平成に変わりました。平成2年、湾岸戦争が始まった時に埼玉県の川越市の事業所に転勤となり、単身赴任が始まり、金帰・月来の生活が約12年続きました。平成12年には40年近く勤めた建設会社を退職し関連会社に転籍しました。同じ川越市にあった関連会社に2年余勤め、平成14年自己都合で退職し、12年の長きに亘った単身赴任生活にも終止符をうちました。
その後2か月ほど無職でしたが、長く勤めた建設会社の知り合いの紹介で、長野市のエムウェーブの施設管理の会社に勤めることになり、平成18年まで4年間勤めました。スピードスケートファンであった私には、選手の練習などを見ながらの勤務は新鮮で感動したものです。しかしここも63歳定年で退職しました。6年間に3回も会社を辞めざるを得なくなって、もう会社勤務をやめ年金生活に入ろうと決断し、半年間自由人を謳歌していました。
しかし働きたい思いも強く、体調にも問題ないので地域のシルバーセンターに登録し、64歳から68歳まで4年間デイサービスの送迎業務をしました。介護職員の献身的な活動に感動を覚えたものです。送迎業務を辞めたのは東日本大震災のあった平成23年3月でした。

以降は完全リタイアで年金生活に入り、趣味の登山で全国行脚の年月を過ごしています。
昭和の45年間は社会人になった18歳からの27年間は主に山岳土木や都市土木の現場監督として、働き詰めの日々を過ごしました。平成の30年間は昭和の時代とは違って、色々な仕事をして、また色々な人とのお付き合いがあって、変化に富んだ時代であったように思えます。特に仕事を離れて登山・マラソン・スキーなどの趣味を通じて知り合いになった方々から多大な影響を受けて、充実した日々を過ごせました。

「我が人生に悔いは無し」と云うほどの充実感はなく、悔いの残ることもありますが、「まあそれなりに楽しい平成の30年間であった」と思っています。
今76歳、令和の時代どのくらい生きられるか分かりませんが、家族の小さな幸せを祈りつつ、元気にそして静かに過ごしていきたいと思っています。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おめでとう松本山雅 [私も一言]

松本山雅がJ2優勝、J1昇格を決めました。
それほどのサッカーファンではなかったですが、松本山雅がJ2で活躍し始め、長野パルセイロもそこそこの活躍を始めたころから、いつの間にかサッカーファンになっていました。そして反町監督が2014年J1昇格を果たしたころからは熱狂的な松本山雅のサポーターになっています。(一度もアルウィンには応援に出かけていませんが・・・)試合のある日にはネットで試合経過を見て一喜一憂しています。松本という地方都市で資金力にも弱く戦力強化もままならない中、大都市の強豪クラブを撃破してのJ2優勝は、まさに地域密着型のJリーグの基本構想に模範的なクラブといえるのではないでしょうか。ホームアルウィンでは毎試合1万人を超えるサポーターが応援に駆け付けています。飾らない人柄の反町監督の熱血指導も好感を呼びますね。サッカー後進県であった長野健にサッカー熱を根付かせた功績は大きいものがあります。いずれ県民栄誉賞などという話も出る事でしょう。

おめでとう松本山雅!がんばれ松本山雅!

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

異常事態の交通事故発生状況 [私も一言]

私は10年位前から長野県警の「交通事故日報」をお気に入りに入れ、毎日チェックしています。

もちろん死亡事故の絶滅を祈る者の一人だからであります。

昨年は激減して年間70人を切るほどまでになりました。県民に意識の向上と警察・安協などの事故防止の努力のたまものと評価していました。

今年はどうでしょう。

まだ5月が終わったばかりと云うのに、すでに61人の死亡者を出し前年同期比42人・221%の増です。
昨日も6月初日、1名亡くなりました。

正月早々、軽井沢で痛ましいバス転落事故があったとはいえ、これは異常事態ですね。

自分には何もできませんが、何とか成らないものかと心を痛めています。

高齢者の歩行中の事故が多いようです。
運転だけでなく歩行中も十分注意し、当事者にならないようにするしかありませんね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熊本地震に想う [私も一言]

新潟のネコブ山登山の途中で熊本地震の発生をラジオ聞きました。

震源地の益城町に近い大津町に知人がいます。

スマホのSMSでお見舞いのメールを打ちました。14日の地震では「怪我はなくガレージで一晩過ごした」と云う返信があり、一安心したところ、すぐそのあとで16日未明の本震に見舞われ、「大きな揺れに生きた心地がなかった」と云う追伸もありました。

何も力になってやれずに「御身第一で頑張ってください」とメールするしかありません。

知人は長く勤めた会社の殉職した同僚の遺族です。もう40年近く前に海外で事故死しましたが、残された奥さんは福祉施設に勤めながら二人のお子さんを育てました。ご長男は大学を卒業し関東地方の農業関係の会社に勤務しています。ご長女は国際結婚してパリに住んでいます。奥さんは大津町で一人暮らしですが息子さん・娘さんを交互に訪ねながら楽しく暮らしています。特にパリに住む娘さんの所には年に一度は訪れていてフランス語も話せるようになったそうです。フランスが夏休みに入るとお孫さんが熊本にきて日本の小学校で補習授業を受けるそうです。日本の学校も卒業したことになるからだそうです。今年もその楽しみが目の前でした。

どうかこの地震が早く収まって少しでも早く安寧の日々が戻ることを祈るばかりです。

2年前の九州山行でお訪ねした時の画像です。

IMG_20140525_120534.jpg

同僚の墓参り
IMG_20140525_130106.jpg


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
私も一言 ブログトップ